IJTテクノロジーホールディングス株式会社

コンプライアンスCOMPLIANCE

IJTテクノロジーホールディングスは、経営理念として、『 「ものづくり」の技術を極め、お客様の事業発展に貢献していきます。』を掲げています。

当社が存在価値を認められ、この経営理念を実現し続けるためには、「コンプライアンス」、すなわち、法令などの遵守はもとより社会の信頼に応える高い倫理観をもって、全役員・従業員一人ひとり行動することが必要不可欠であると認識しています。

全役員・従業員が、高い倫理観をもった行動を実践することを基本とし、特に、経営トップは、この方針の率先垂範を自らの重要な役割と認識するとともに、これに反するような事態が発生したときには、自らが問題解決、原因究明にあたり、再発防止ならびに社会への迅速且つ的確な情報の公開と説明責任を遂行します。

これを実践するにあたって以下の行動基準に従います。

コンプライアンスに関する行動基準

  1. お客様からの信頼
    社会的に有用な商品・サービスを提供することで豊かな暮らし創りに貢献し、お客様の信頼を獲得します。
  2. 公正かつ健全な行動
    公正かつ自由な競争に基づいた取引を行います。また、行政・政治と健全、且つ正常な関係を保つとともに、市民社会の一員として、反社会的勢力および団体とは断固として対決します。
  3. 企業情報の開示
    株主様はもとより、広く社会的にコミュニケーションをとり、企業情報を適時・適切、且つ公正に開示します。
  4. 従業員の尊重
    従業員が能力を最大限発揮できるよう、人格・個性を尊重します、また、安全で働きやすい職場環境を実現します。
  5. 環境保全への貢献
    事業活動を通して、環境保全に取り組むことはもちろん、社会や地域の環境保全活動にも積極的に取り組みます。
  6. 社会への貢献
    良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います。
  7. 国際・地域社会との調和
    国や地域の文化、慣習を尊重し、事業活動を通してその発展に貢献します。

コンプライアンスの推進体制

IJTTグループでは、IJTTグループコンプライアンス委員会を設置し、原則、1年間に4回、グループコンプライアンス推進会議、各社におけるコンプライアンス推進会議を毎月開催しております。

内部通報制度の整備

IJTTグループでは、従業員が法令違反や服務規律違反などコンプライアンスに係る問題を発見した場合の通報窓口として、内部通報窓口を設置しています。内部通報窓口は、IJTテクノロジーホールディングスと各子会社の総務部門が社内窓口として設置されているほか、社外窓口を設置し、連絡先・連絡方法をグループ全従業員に周知しております。